レンタルオフィス入門!

>

レンタルオフィスのデメリット

レンタルオフィスの意外な落とし穴は?

ここまでレンタルオフィスの良い所を紹介してきましたが、注意すべきポイントもいくつかあります。どんな所に気を付けるべきなのでしょうか。
まず、料金プランやシステムをよく確認しておくことが必要です。オプションが沢山あるというのは選択肢が増えるという意味では良いことではありますが、色々と足していくと逆に料金が割高になってしまう場合があります。
また、場所を借りているので改装が自由にできません。インテリアにこだわりがある人には向かないかもしれません。
他にも、隣の団体とのプライバシーがしっかりと守られていない場合もあり、情報管理の難しさも課題です。逆に、他の団体ともコミュニケーションが取れるというのはメリットにもなり得るので、扱う情報などからもどのような形態でオフィスを使うか考えていきましょう。

こんな事にも気を付けよう

その他のデメリットとしては、レンタルオフィスの事業者自体が廃業してしまった場合、突然オフィスがなくなってしまうなどのリスクや、そもそもコストをとにかく抑えたいなら自宅を使った方が安く済むことなどがあります。
しかし、気を付けて信用できる会社を選んで借りるようにしたり、オフィスに行って環境を変えることで、自宅よりもオンオフを切り替えてビジネスに集中できるという意味では、レンタルオフィスの方が効率的に仕事ができるかもしれません。
様々な種類があるということは難しく感じるかもしれませんが、逆に言えば自分にぴったりのオフィスが見つかる可能性が高いということです。
借りる期間、立地、金額や料金プラン、扱う事業内容、社員の人数や規模などから、一番始めたいビジネスにピッタリなオフィスを探していきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る